偏頭痛が引き起こす病|突然起きる頭痛の対処方法

ズキズキくる頭の痛みを治す偏頭痛の解決策

頭の片側がずきずき痛む時

女医

偏頭痛は、頭の片側がずきずき痛むのが特徴です。こういう時は患部を冷やし、暗い所でじっとしてるのをお勧めします。長期間薬を飲んでも効かない時は病院、特に頭痛外来を受診するようにしましょう。また、頭痛が自覚症状として現れる病気は多いので、痛みが治まらない時には、早めに病院に行くことをお勧めします。

詳しく見る

ズキンズキンする

女性

偏頭痛は女性に多く女性ホルモンが関連していると言われていて、頭部の片側か両側などがズキンズキンする痛みが頻繁に起こります。偏頭痛は検査では発見できないので、病院で医師に正確な症状を伝えることが大事です。治療は予防薬や鎮痛剤や痛みを止める薬などを症状によって使い分けます。

詳しく見る

自分の体のことを知る

女の人

実は多くの人が悩まされている偏頭痛ですが、環境変化や体調変化によって、脳の血管が急激に拡がることが原因で起こる病気です。偏頭痛発症時には、患部を冷やして安静にすることが大切です。原因は様々なので、自分がどんな時に偏頭痛を発症しているかを知ることも重要です。

詳しく見る

辛い頭痛の原因と対処法

頭を抱える男の人

偏頭痛は血管の拡張により三叉神経が刺激され発症し、前兆があることもあります。頭痛が起きたときは、コーヒを飲んだり首周りや目元を濡れタオルなどで冷やしたりしましょう。最近は頭痛外来などもありますので、頻繁に起こるようであれば一度病院に行き、薬を処方してもらうと安心です。

詳しく見る

偏頭痛の治し方

スーツのメンズ

多くの人が悩まされる症状として、頭痛があります。頭痛と言っても、その種類は沢山あります。明確な病気に掛かっている訳では無いのに繰り返し起きる頭痛のことを一次性頭痛と言い、病気が原因により起こる頭痛を二次性頭痛と言います。一次性頭痛には、緊張してストレスを感じたり、血行が悪くなった時に起きやすい緊張型頭痛や、目の後ろの内頸動脈に炎症が起きたことにより発症する群発頭痛等があります。そして多くの人が悩まされている一次性頭痛として、偏頭痛があります。この頭痛の特徴としては、ズキズキと脈打つような痛みを感じ、酷くなると光や音に対して敏感になったり吐き気を伴ったりする場合があります。また身体を動かした場合に痛みや症状が酷くなることもあります。一般的な市販の頭痛薬は偏頭痛には効果的ではありません。軽い痛みを緩和させることが出来ても、根本的な治療を市販薬で行うことは出来ません。そのような場合、病院に行き診療を受け薬を処方してもらうという方法があります。病院では偏頭痛の原因である、血管の拡張を抑える成分が入った薬を処方してもらえます。市販薬には無い効果を持った薬を処方してもらえるため、病院での治療という方法は偏頭痛に悩まされる人達に人気があります。

偏頭痛が起こる頻度は人によって差があります。月に一回から二回程度の人もいれば、週に一回から二回起きる人もいます。また、偏頭痛持ちの人によって、前兆のある偏頭痛持ちの人もいれば、前兆の無い偏頭痛持ちの人もいます。前兆としては、目の前にチカチカした光が現れたり、視野の一部が見えにくくなるといったものがあります。この視野の一部が見えにくくなる症状のことを、閃輝暗点と言います。また人によっては、感覚が鈍くなる感覚異常や言葉が話しにくくなる失語性言語障害といった前兆が起こる場合もあります。前兆が現れる偏頭痛持ちの人が前兆を感じた場合、病院で診療を受けると良いですが、病院では頭痛外来や神経内科や脳神経外科を受診するようにしましょう。偏頭痛のような慢性頭痛は一般内科では対応出来ない場合があります。前兆を感じたり頭痛が起きても直ぐに病院に行くことが出来ない場合は、自分で出来る頭痛対策を行いましょう。偏頭痛は血管の膨張が原因なので、患部を温めたり、マッサージをしたりするのは逆効果です。またシャワーや入浴も控えるようにしましょう。まずは患部を冷やし、血流の拡がりを抑えるようにしましょう。その後は暗くて静かな場所で安静にしましょう。

Copyright© 2016 偏頭痛が引き起こす病|突然起きる頭痛の対処方法 All Rights Reserved.