偏頭痛が引き起こす病|突然起きる頭痛の対処方法

女性

自分の体のことを知る

女の人

どんな頭痛なのか

頭痛に悩まされている人は、とても多いのではないでしょうか。特に、女性に多いのが偏頭痛です。偏頭痛は、脳の血管が急激に拡がることによって起こり、脈を打つようにズキズキと頭が痛みます。頭の片側のみに痛みを感じる場合もありますが、両方の場合もあります。また、ただの頭痛と我慢する人もいますが、偏頭痛は時に吐き気や嘔吐を伴う場合もありますので注意が必要です。偏頭痛は、様々なことが誘因となって起こります。強いストレスから解放されて緊張が解けた時や、温度差によって血管が拡張した時に起こりやすくなります。また、女性ホルモンの変化が、偏頭痛を発症する原因になる場合もあります。特に、女性は生理前後に偏頭痛を発症する人が多く、慢性化している人も多く見られます。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が大きく変動することにより、このような症状が引き起こされます。さらに、食べ物が原因で偏頭痛を発症している場合もあります。特に、女性は好きな人も多いと思いますが、ワイン、チョコレート、チーズなどが偏頭痛の原因となることもありますので、食べ過ぎには注意が必要です。以上のようなことが複合的に作用しているかもしれませんので、まずは、自身の生活習慣や体のリズムを知ることが大切です。

どう対処すれば良いのか

片頭痛は、余程ひどくない限り、頭痛ごときで病院に行くなんて恥ずかしいと感じたり、習慣になっている痛みを我慢し続けている人が多く見られる病気です。軽いうちは、自身で対処することもできますが、間違った対処をするとかえって悪化する場合があるので、気をつけましょう。偏頭痛は、脳の血管が拡がっておこる炎症なので、痛いところをマッサージしたり、温めたりすることは全くの逆効果となります。発症した時は、冷たいタオルで頭を冷やして安静にしましょう。また、血管を収縮させる作用を持つカフェインを含んだ飲み物、例えば、コーヒーや緑茶などを適量摂取するのも良いでしょう。ただし、自分で偏頭痛だと思い込んでいても、実は違う病気が原因の場合もあります。例えば、頭痛とともに手足のしびれなどがある場合は、脳出血などの疑いもあります。また、頭痛といってもあまりにも強い痛みである場合は、くも膜下出血の疑いもあります。痛みの種類が普段と違うなと感じた場合や、痛みが気になったら、病院などで気軽に検査を受けることも必要です。普段から頭痛に悩まされている人は、自分がどんな時に偏頭痛を発症しているのか、その時の環境、体調などを日頃から日記などにメモしておくと、病院を受診する際にも、より正確な原因が分かるヒントになるのでお勧めします。

Copyright© 2016 偏頭痛が引き起こす病|突然起きる頭痛の対処方法 All Rights Reserved.