偏頭痛が引き起こす病|突然起きる頭痛の対処方法

女性

ズキンズキンする

女性

女性に多い

頭痛の中でも偏頭痛は女性に多い頭痛で、女性で偏頭痛で悩んでいる方は男性の4倍にものぼっています。日本人で偏頭痛の症状を持つ人は、全体の約8パーセントでそのズキンズキンする痛みは頭部の片方に出ることが多いのですが、頭部の後や両方が痛む人もいます。偏頭痛が女性に多い理由は、女性ホルモンが関係している可能性があるのです。そして偏頭痛には兆しがあるものと兆しがないものに分類され、2割から3割の人が偏頭痛の兆しがあったことを訴えています。よくある兆しとしては痛みが起こる30分から60分前ぐらいに、目の前で光が点滅するような現象があらわれ一部視野がかけて見えにくい箇所が出てきます。偏頭痛の原因はストレスなどでセロトニンが増加することで、頭部の血管が縮んだあとに過剰に拡張し血管が炎症を起こしたり腫れたりして痛みが起こるのです。偏頭痛が起きたら速やかに病院へ行き、その症状の特徴を確実に医師に伝えることが重要です。頭の痛みが月に1回から2回、痛みが多い場合は週に1回から2回頻繁に起きると行った症状が一般的だと言われています、また、ズキンズキンする痛みが1時間から2時間は続き、長いときは4時間から72時間連続する、光や音に気になり辛くなるなどの症状もあります。偏頭痛は病院の検査ではわからないのですが、くも膜下出血や脳腫瘍の可能税もあるので、早期に病院で受診することがリスクを回避することになります。

治療と薬

病院で医師が偏頭痛であるか判断するのは、患者の情報を一番重視します。問診のときに痛みの持続時間や詳細な症状などを正確に医師に伝えることで、確実な対応をすることができます。治療に予防薬や痛みを和らげる鎮痛剤、中程度の痛みを止める薬や強い頭痛を止める薬など症状によって使い分けます。その中でも激しい痛みが続くときは、血管を収縮させて痛みを抑える特効薬もあります。偏頭痛の治療は薬で対処することが多いのですが、薬を使用しなくても対処する方法もあります。頭部に痛む箇所を冷却グッズなどで直接冷やし、血管を収縮させるとある程度痛みがおさまります。逆にお風呂に入って身体を温めると血管が拡がり、痛みが増大するので避けるようにします。また普段の生活習慣を改善することも大事です。ストレスはなるべく溜め込まないようにして発散させ、夜更かしはやめて規則正しい毎日を送るようにこころがけます。また食生活の乱れや偏食も偏頭痛の原因となるので、痛みとの関連性が高い食物は食べることを控えるようにします。他には偏頭痛が起こる原因としては大勢の人が集まる場所も、騒音や眩しい光線などがストレスになり痛みの発作が起きやすくなるので避ける方が賢明です。

Copyright© 2016 偏頭痛が引き起こす病|突然起きる頭痛の対処方法 All Rights Reserved.